b0171150_20135659.jpg [英EMI 29071]
 2000/11/6 Release

TITLE: Wish You Were Here - 25th Anniversary Edition/PINK FLOYD

『狂気』に続き1975年に発表された『Wish You Were Here』の完全復刻版。ジャケットに至るまで完全復刻というだけあって当時と同じ雰囲気を復元している。 ビニ本を思い出してしまうその包装の怪しさは、発売当時話題であった。
内容も『狂気』に比べれば遥かにシンプルなサウンドでより完成度が高いと思う。
★★★
収録曲:
  1. BROADWAY BLUES (O. COLEMAN)
  2. Shine On You Crazy Diamond (Parts I-V)
  3. Welcome To The Machine
  4. Have A Cigar
  5. Wish You Were Here
  6. Shine On You Crazy Diamond (Parts VI-IX)


by Zorki-4u | 2003-04-29 22:30 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_219985.jpg (p)1993
 Flavour TFCK-87563]
 1997/10/1 Release

TITLE: HEAVY'n JAZZ/JACO PASTRIOUS

ジャコ・パストリアス晩年に収録した自己トリビュート・アルバム。 パストリアス自身が最も気に入っている曲、匿にジミ・ヘンドリックスやディープ・パープルなどの若き日に影響を受けたアーチストのカバーを取り上げて、ハードなロックスタイルで演奏されている。
彼自身、「俺はジミ・ヘンドリックスの生れ代わりだ。」というようにヘンドリックスの曲をベース演奏で縦横無尽にリードする気迫の演奏が聴ける1枚。
★★★
収録曲:
  1. BROADWAY BLUES (O. COLEMAN)
  2. BLUMA (B. LAGRENE)
    ~SMOKE ON THE WATER (DEEP PURPLE)
  3. THE MEDLEY
              • PURPLE HAZE (J.HENDRIX)
              • THE THIRD STONE FROM THE SUN (J.HENDRIX)
              • TEEN TOWN (J.PASTORIUS)

  1. STAR SPANGLED BANNER (J.HENDRIX)
  2. REZA (J.PASTORIUS)
  3. HONESTLY (J.PASTORIUS)
  4. INVITATION (B.KAPER)

by Zorki-4u | 2003-04-28 22:35 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_17521830.jpg [UNIVERSAL Music Inc. 076048-2]
 2003/4/3 Release

TITLE: CREAM At The BBC

今までCD/レコードでは未発表だったBBC Radio 1の放送用ライブ・テイクから選りすぐりの曲を22曲を収録したアルバム。 1966年~1968年末までのCREAMの辿った音楽的発展の軌跡がここに今改めて見直すことの出来る貴重なライブ盤でもある。
メンバーで最も多く作曲を手がけるJack Bruseは、後の第2期DEEP PURPLEのJohn Lord/Ritche Blackmoreが作った作品群と同様に積極的に対位法を導入し、いかに美しいメロディを生み出すことに成功してきたが改めて分かる1枚。
★★★★
収録曲:
  1. SWEET WINE
  2. Eric Clapton interview1
  3. WRAPPING PAPER
  4. ROLLIN' AND TUMBARIN'
  5. STEPPIN' OUT
  6. THE LAIRD
  7. CROSSROADS
  8. CAT'S SQUIRREL
  9. TRAINTIME
  10. I'M SO GLAD
  11. LAWDY MAMA
  12. Eric Clapton Interview 2
  13. I FEEL FREE
  14. N.S.U.
  15. FOUR UNTIL LATE
  16. STRANGE BREW
  17. Eric Clapton Interview 3
  18. TALES OF BRAVE ULYSSES
  19. WE'RE GOING WRONG
  20. Eric Clapton Interview 4
  21. BORN UNDER A BAD SIGN
  22. OUTSIDE WOMAN BLUES
  23. TAKE IT BACK
  24. SUNSHINE OF YOUR LOVE
  25. POLITICIAN
  26. SWLABR
  27. STEPPIN' OUT

by Zorki-4u | 2003-04-26 22:44 | Musiclover | Comments(1)

b0171150_18355619.jpg (p)1970
 [SONY Records SRCS-6239]
 1992/11/1 Release

TITLE: CLIMBING!/MOUNTAIN

後続するロック・シーンに大きな影響をことになるMOUNTAINの第2作目のアルバム。1作目はレスリー・ウェストの個人的録音の趣が強いが、この2作目以降、同じメンバーで演奏活動を行うようになったことから、事実上、MOUNTAINのデビューアルバムと見ても良いと思う。
以後、プロデューサ「フェリックス・パパラルディ(bass&p,vo)」と「レスリー・ウェスト(g,vo)」は次々と後のHeavy Metal系バンドに影響を残す洗練された佳作を作ることなる。詳細は専門書をご覧頂く方が良いと思う。
★★★
収録曲:
  1. MISSISSIPPI QUEEN
  2. THEME FOR AN IMAGINARY WESTERN
  3. NEVER IN MY LIFE(君がすべて)
  4. SILVER PAPER
  5. FOR YASGUR'S FARM
  6. TO MY FRIEND
  7. THE LAIRD
  8. SITTIN' ON A RAINBOW
  9. BOYS IN THE BAND

by Zorki-4u | 2003-04-25 21:28 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_23332793.jpg (p)1980
 [VAP VPCK-85316]
 2003/1/22 Release

TITLE: DEEP PURPLE IN CONCERT 1970&1972

これなんだと思う。最初に意識して聴いたDEEP PURPLEの演奏は。リッチー・ブラックモアのギターは良いぞと中学時代の同級生に薦められて彼の処でよく聴かされて、ラジオから流れてきたこのアルバムからの1曲に釘付けになり、DEEP PURPLEを意識するようになっていったのだ。
第2期のDEEP PURPLEがどれだけ凄い演奏をしていたのかこのBBC RADIO-1の番組「IN CONCERT」のために収録されたスタジオLIVEを聴けば分かるだろう。 ほぼ完璧な演奏であり、匿にWRING THAT NICK、MANDRAKE ROOT、STRAGE KIND OF WOMANなどは10分を超える、存分にインスピレーションを活かした即興アレンジで豊富な変奏を軽々とこなしているのだ。 また、このIN CONCERT(72年放送分)のLAZYは最高の演奏だといっても良いと思う。
★★★★
収録曲:
    DISC 1
  1. SPEED KING
  2. CHILD IN TIME
  3. WRING THAT NICK
  4. MANDRAKE ROOT

    DISC 2
  1. HIGHWAY STAR
  2. STRAGE KIND OF WOMAN
  3. MAY BE I'M A LEO
  4. NEVER BEFORE
  5. LAZY
  6. SPACE TRUCKIN'
  7. SMOKE ON THE WATER
  8. LUCILLE

by Zorki-4u | 2003-04-24 23:26 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_1836371.jpg (p)1971
 [Capricorn 314 531260-2]
 1997/10/14 Release

TITLE: THE ALLMAN BROTHERS BAND AT FILLMORE EAST

今でもサザンロックバンドとして人気を誇るThe Allman Brothers Bandが絶頂期に録音したライブ盤。 間違いなくどの曲も名演で匿にラスト2曲が壮絶。 IN MEMORY OF ELIZABETH REEDが13分強、WHIPPING POSTはなんと23分強の超ロングバージョンで次から次へと変奏が展開する。最高にHOTな1枚。
★★★★
収録曲:
  1. STATESBORO BLUES
  2. DONE SOMEBODY WORKING
  3. STOMY MONDAY
  4. YOU DON'T LOVE ME
  5. HOT 'LANTA
  6. IN MEMORY OF ELIZABRETH REED
  7. WHIPPING POST


by Zorki-4u | 2003-04-23 22:29 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_17342100.jpg [TRIAD COCA-10867]
 1993/7/1 Release

TITLE: TOKYO'S COOLEST COMBO IN TOKYO

眠らない街Tokyo。 常に先端であろうとする人々が溢れる街。 小西康陽は「でも音楽では60年代に象徴されてしまってるよ(笑)」と語るが如く、コモエスタ八重樫監修のTOKYO'S COOLEST COMBOで東京キューバンボーイズ風を再現してる。
小西自身の曲の他、敬愛する筒美京平作品、朋友、田島貴男の作品を取り上げてる彼らしい選曲が心地よい。◎
★★★
収録曲:
  1. TOUT VA BIEN
  2. TOKYO'S COOLEST MAMBO
  3. MOONDANCE
  4. PACHINKO
  5. DANCING SEVENTEEN(Hashimoto/Tsutsumi)
  6. GROOVE TUBE(Double Knockout Corp.)
  7. TOUCH OF EVIL(Mancini)
  8. SWEET SOUL REVUE
  9. THE VENUS(Kihara/Tajima)
  10. PILLOW TALK(Burton/Robinson)

by Zorki-4u | 2003-04-21 20:31 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_20563460.jpg [Nippon Columbia COCQ-83289]
 2000/1/22 Release

TITLE: KEN plays KEN~春の野を行く~/村松健

約20年になろうとしている村松健の作曲家そして自身の曲を演奏するピアニストとしての活動を振り返るために、プライベート盤に近いスタイルで1曲づつ丁寧に録音を重ねて作り上げたというこのアルバム。 その半分を北海道の森の中にあるプライベートスタジオ(六楽堂)に設置されたベーゼンドルファ#224で進行して行く夏とともに演奏を繰り返し、録音した作品がここにある。
残りの曲を東京に帰ってから自宅にあるニューヨーク・スタンウェイB型でその秋に録音したとクレジットされている。
ベーゼンドルファの柔らかくて深い音(大好きなピアノです)とニューヨーク・スタンウェイのやや明るい音を巧みに使い分けている村松健の繊細な音のイメージが伝わるだろうか?
★★★
収録曲:
  1. 浜木綿
  2. 悲しいほどムラサキ
  3. 月とお話し
  4. 金魚のまどろみ
  5. 陽だまり
  6. 春の野を行く
  7. 森のピアノ
  8. 出逢いと別れ
  9. 見送る人
  10. 失われたみち
  11. バックウォーター
  12. 瞳の中の夕なぎ
  13. そぼ降る夕べ

by Zorki-4u | 2003-04-19 22:53 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_16471458.jpg [美音堂 SFS-2002]
 2003/4/25 Release

TITLE: mariko live ~月の記憶~/浜田真理子

浜田真理子の2002年11月9日にBunkamura Theater COCOONで開かれたライブを完全に記録した2枚組みアルバム。唯ひとりで、言葉数少なくピアノの弾き語りで綴られる詩は、1曲目から観客を引き込み、まるでクラシックの交響曲を聴く時のように会場は静寂でつつまれている。
一言づつ、ややスローテンポで歌われる歌詞は、確実にその聴衆に伝わり、その歌詞にこめられた彼女の気持ちを共有する自分がいることに気づく。-そして知らず知らずのうちに涙が溢れ出していたのだった。
彼女自身、歌うことに集中しすぎてあまり長い時間ステージに立つことが出来ないことを考慮して途中に休憩が入る。しかし、CDで聴いてる私の方が先に気持ちが高ぶりすぎて休憩を必要とするような演奏は初めての経験だった。
★★★★★
収録曲:
    DISC 1
  1. Intoroduction
  2. Waltz for Woody
  3. September
  4. I wanna be loved by you
  5. Just when I needed you most ~離別
  6. 白い船のゐる港
  7. Love for sale

    DISK 2
  1. 純愛
  2. I'm so lonesome I could cry
  3. あしくび
  4. 月の記憶
  5. Fruitless love
  6. For sentimental reasons ~逢いたくて逢いたくて
  7. 聖歌~はじまりの日~
  8. 教訓 I
  9. I'll get by

by Zorki-4u | 2003-04-18 22:42 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_16565597.jpg [FAR OUT Recordings/Flavour Music FVCK-80101]
 2000/1/21 Release

TITLE: HARD BOSSA/JOYCE

JOYCEはブラジル音楽が好きな人なら、どこかで必ずその演奏を耳にしているはずの作曲家、ボーカリスト、ギタリストである。彼女自身のレパートリも相当多いのだが、彼女がプロデュースして来たアーチストの数も200人近くいるという。彼女自身を良く知る人には敢て紹介する必要もないと思うが、このアルバムの印象はしなやかで強く、そして明るいBOSSA NOVAなのである。
この1枚ではギター2本のデュオ演奏特にいい仕上がり。
★★★
収録曲:
  1. Zoeira
  2. Quarup
  3. Crianca
  4. Nome de Guerra
  5. London Samba
  6. Todos os Santos
  7. Juparana
  8. Novelo
  9. Hard Bossa
  10. Vatapa

by Zorki-4u | 2003-04-15 21:53 | Musiclover | Comments(0)