b0171150_23373595.jpg [WEARNER MUSIC/ERATO WPCS-5916]
 (p)1994 Release

TITLE: Joseph CANTOELOUBE: CHANTS d' AUVIERUGNE(オーヴェルニュの歌)
Dawn Upsshow(s)
Kent Nagano (cond)
CANTELOBE Orchestre de L'OPERA de LYON

ジョセフ・カントルーブ(1879-1957)は、フランス中央部オーヴェルニュ地方出身の作曲家であった。 同時代に大衆音楽のメロディに目を向けた作曲家は彼だけではないが、師匠であるダンディはセヴェンヌ民謡のメロディに、シャルル・ボルド(1863-1909)はバスク民謡の発掘に従事している。
カントルーブは、20代の初めから晩年までフランス各地の民謡を採譜して回り、オーヴェルニュ以外にもバスクやランドック地方の民謡を採譜して歩いた。
ローマン・カソリック教会に支配された偏った音楽史しかしらない方や、現在聴かれる音楽の本質が何なのかを探っている人には是非、耳にして欲しい1枚。
★★★
収録曲:
  1. Pastourelle(羊飼いの乙女)
  2. Oi ayai(あぁ、困った!)
  3. Obal, din lo coumbelo(向こうの谷間に)
  4. Pastorouro, se tu m'aymo(羊飼いよ、もしお前が愛してくれたら)
  5. Uno Jioto pastouro(一人のきれいな羊飼い娘)
  6. Lou Coucut(カッコウ)
  7. Jou I'pount d'o Mirabal
  8. Tchut,tchut(黙って!!)
  9. Pastorale(牧歌)
  10. La Fiolare(紡ぎ女)
  11. La Delaisssado(捨てられた女)
  12. Te, Peo,te!(お行き、犬よ)
  13. Passo pel Part(牧場を通っておいで)
  14. Lou Boussu
  15. Brwzairola(子守歌)

by Zorki-4u | 2003-05-25 23:34 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_16514462.jpg (p)1971
 [EPIC CMRCD167]
 2001/3/16 Release

TITLE: PICTURES AT AN EXHIBITION/Emerson Lake & Palmer

Mussorgskyが現代オーケストラのために書いた有名な「展覧会の絵」をエレクトリック・ギターと当時、まだロックで使われることのなかったMOOGのアナログ・シンセサイザーで再現したもの。当時、世界のロックファンを驚愕させたことはご承知のことだと思う。
このEL & Pの3枚目のアルバムはその年(1971)の大ベストセラーとなる。またこのアルバムはライブ盤でもあるわけだが、その演奏の上手さに脱帽するしかない高度なテクニックも必聴に値する、そんな1枚だ。
★★★☆
収録曲:
  1. PROMENADE
  2. THE GNOME
  3. PROMENADE
  4. THE SAGE
  5. THE OLD CASTLE
  6. BLUES VARIATIONS
  7. PROMENADE
  8. THE HUT OF BABA YAGA
  9. THE CURSE OF BABA YAGA
  10. THE HUT OF BABA YAGA
  11. THE GREAT GATES OF KIEV
  12. NUTROCKER

    Bounus Track

  13. PICTURES AT AN EXHIBITION
    1. PROMENADE
    2. THE GNOME
    3. PROMENADE
    4. THE GREAT GATES OF KIEV


by Zorki-4u | 2003-05-21 20:47 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_16315458.jpg [CAPRICCIO 10 153]
 1987 Release

TITLE: W.A.Mozart Divertimenti KV334 & KV138(Salzbulg Symphony No.3)
Camerata Salzburg
Sándor Végh (cond.)

このアルバムはMozart没後200年にあたる91年に手にし私のMozart観を一変させた記憶深い1枚だ。「こんなに生き活きしているMozartの演奏があるなんて」と思った。それまで眠たくなるような退屈な演奏か、余にもピリピリとして幸せな気分など欠片もないMozartしか耳にしたことがなかっただけにあまりにもその落差に驚いたのだった。
Véghという指揮者がMozartを教えてくれたといっても過言でもないと今でも思っている。
★★★☆
収録曲:
  1. Divertimento in D major KV334

  2. Divertimento in F major KV138 "Salzburg Symphony"


by Zorki-4u | 2003-05-18 21:28 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_1773579.jpg [Teldec 46330-2]
 1990 Release

TITLE: BRUCKNER Symhony No.0 in D minor
Radio-Shinfonie-Orchester Frankfurt
ELIAHU INBAL (cond.)

ブルックナー交響曲第0番、ニ短調はブルックナー自身が正式な交響曲とすることを躊躇った曲であるのは間違いない。始終、自作譜を改定して完成度を高めることに時間を費やしたブルックナーが残した直筆譜には交響曲2番とあり、その数字だけが消されている。 明らかに1番と2番との間に作曲に懸かった曲と考えられるが、正式出版されず、作曲に費やした時間も約半年間と彼のものとしては異例に短い。
しかし、そのスタイルは以降に生み出された交響曲4番以上に洗練されていて、インスピレーションに満ち溢れている。その再現はブルックナー譜面解析の第1人者インバルならではのもの。
★★★
収録曲:
  1. Allegro
  2. Andante
  3. Scherzo; Presto
  4. Finale: Moderato

by Zorki-4u | 2003-05-17 21:00 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_16402666.jpg (p)1970,1972,1973
 [Polar 549 950-2]
 2001/6/25 Release

TITLE: Ring Ring/ABBA

ビヨルン&ベニー名義ではあるが、2組のカップルの4人で活動を始め70年に大ヒットを記録した木枯らしの少女を含む数曲とABBA名義で活動に乗り出した72年,73年の作品をまとめた1stアルバム。 このCDはブロードウェイ・ミュージカル「MANMA MIA」の公演を機に一挙に全米に知られることになった幻の作品集といえるもの。
ビヨルン&ベニーはスウェーデンを中心とする欧州と日本ではかなりの知名度を得ていたが、Billboardチャートではまったく売れた形跡がないのが面白い。 その後大成功を収めるABBAらしい煌びやかなコーラスと比べるとやや控えめな印象がするが、その素朴ともいえるメロディに新鮮さを感じる魅力的な1枚。
★★★
収録曲:
  1. Ring Ring
  2. Another Town, Another Train(見知らぬ街の少女)
  3. Disillusion
  4. People Need Love
  5. I Saw It In The Mirror
  6. Nina, Pretty Ballerina
  7. Love Isn't Easy (But It Sure Is Hard Enough)
  8. Me And Bobby And Bobby's Brother
  9. He Is Your Brother
  10. She's My Kind Of Girl(木枯しの少女)
  11. I Am Just A Girl
  12. Rock 'N Roll Band

    BOUNUS TRACK:

  13. Merry Go Round
  14. Santa Rosa
  15. Ring Ring (bara du slog en signal) - (swedish version)

by Zorki-4u | 2003-05-15 20:32 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_14292425.jpg   (p)1972
 [east west japan/Atlantic Recoarding AMCY-4029]
 1996/3/25 Release

TITLE: CLOSE TO THE EDGE(危機)/yes

プログレッシブ・ロックバンドとして人気絶頂期に発売された「こわれもの-frangle」(1971)に続き1972年にリリースされた通算5枚目のアルバム。yesのひとつの頂点として未だに人気がある。リック・ウェイクマンによる「マルチ・キーボード」という方法論は、yesの音楽表現に明確な変化をもたらした。オーケストラ演奏の様に、曲が進行するに連れて使用する楽器が次々に切り替わっていき、ひとつの曲の中で曲想が次々に変化する。タイトル曲「CLOSE TO THE EDGE(危機)」は20分に及ぶ大曲でありながら聞き手を飽きさせることがない。
★★★
収録曲:
  1. CLOSE TO THE EDGE(危機)
    • THE SHOLD TIME OF CHAGE(着実な変革)
    • TOTAL MASS RETAIN(全体保持)
    • I GET UP I GET DOWN(盛衰)
    • SEASON OF MAN(人の四季)

  2. AND YOU AND I(同志)
    • CORD OF LIFE(人生の絆)
    • ESCAPE(失墜)
    • THE PREACHER THE TEACHER(牧師と教師)
    • THE APOCALYPSE(黙示)

  3. SIBERIAN KHATRU

by Zorki-4u | 2003-05-14 18:11 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_20494231.jpg [JLA JLAVA-1001]
 2003/3/12 Release

TITLE: LAVA/Rythm & Brazil

とにかく優れたバランス感覚だ。サンバ、サルサを中心とするリズムで軽快で重くなり過ぎない音で実はさり気なくシンセを多用したリズム隊をくみ上げている。それだけではそんなに面白くはないが....
曲が転じたときこれはヤラレタと思った。ブラジル風ビートから2小節に1音を抜くだけでこんなにカッコいいリズムを創るなんて。グルーブはあくまでCoolでありながら確実に仕組まれたブレイクジャズスタイルでバート・バカラックをカバーするとは。
このアイディアはボーカル重視の曲調でありながら大胆なメロディをリミックスで作り出すことにも成功している。今まで聴いてきた音楽から推測するメロディラインから次に鳴る筈のパートの音を想像させつつも、4or8小節単位でそのパートをごっそり抜いてしまう...リスナーの期待を上手く裏切ることで常に新鮮さを保っているのだから。
★★★☆
収録曲:
  1. Moon Dust feat.Sissy People
  2. Amour Segredo feat.Janice
  3. I Say A Little Prayer feat.Aundrea
  4. Walk On By feat.Marcellus
  5. Vem Para Ficar feat.Wilma & Jeanne LAVA-Scat Flow To Germany remix
  6. Swing Me Higher feat.Jay LAVA-Exceed Ourselves Rhythm & Brazil remix
  7. Link Running Water feat.MJ Rah-D
  8. I Say A Little Prayer feat.Aundrea LAVA-Meet At Cafe Central remix


by Zorki-4u | 2003-05-13 21:43 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_20453574.jpg [Capitol Records 25389]
 2000/8/29 Release

TITLE: The Band

ザ・バンドの第2作目にあたるアルバム「The Band」(1969年発売)のリマスターCD盤。 ザ・バンド最高傑作と評する方も多い名曲ぞろいのアルバム。 どのようにしてアメリカン・ロック独特のスタイルが出来上がったのかがここで聴きことが出来る点が興味深い。
このCDではボーナストラックとして、多くの未採用別テイクが収められているのでそうしたスタイルの変遷に興味をもたれる筋には貴重な資料のはず。
★★★
収録曲:
  1. ACROSS THE GREAT DIVIDE
  2. RAG MAMA RAG
  3. THE NIGHT THEY DROVE OLD DIXIE DOWN
  4. WHEN YOU AWAKE
  5. UP ON CRIPPLE CREEK
  6. WHISPERING PINES
  7. JEMIMA SURRENDER
  8. ROCKIN' CHAIR
  9. LOOK OUT CLEVELAND
  10. JAWBONE
  11. THE UNFAITHFUL SERVANT
  12. KING HARVEST (HAS SURELY COME)

    BOUNUS TRACK

  13. GET UP JAKE(outtake - stereo mix)
  14. RAG MAMA RAG(alternative version)
  15. NIGHT THEY DROVE OLD DIXIE DOWN(alternative mix)
  16. UP ON CRIPPLE CREEK(alternative take)
  17. WHISPERING PINES(alternative take)
  18. JEMIMA SURRENDER(alternative take)
  19. KING HARVEST(alternative take)

by Zorki-4u | 2003-05-12 22:40 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_17424922.jpg [ARISTA Records 07822187252]
 1994/2/15 Release
 (国内盤 BMG BVCA-638;ボーナストラック付)

TITLE: Fumbling Towards Ecstasy/Sarah McLachlan

シングル曲Possessionからはじまり、ラストまでのどの曲も圧倒的に高い完成度の曲と詩が続く。
彼女はこのアルバムを作るために完全に作曲だけに専念できるように途中3回ほどロンドンで雑務をする以外、約7ヶ月間もの期間をスッコットランドのハイランドにあるプライベートスタジオで過ごし、親しいミュージシャン仲間だけを短期間呼寄せて録音を行ったのだという。
詩、曲はどれをとっても隙のない緻密な世界観を表現しているが、ひとつひとつ丁寧に収録された音から繰り広げられる音響イメージの完成度も本作品の魅力を表現する上で欠かせない要素だと思う。
★★★★
収録曲:
  1. Possession
  2. Wait
  3. Plenty
  4. Good Enough
  5. Mary
  6. Elsewhere
  7. Circle
  8. Ice
  9. Hold On
  10. Ice Cream
  11. Fear
  12. Fumbling Towards

by Zorki-4u | 2003-05-11 21:37 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_1893288.jpg [Nippon Columbia COCQ-83501]
 2001/2/21 Release

TITLE: 南の想い~LATIN AMELICA/高木綾子

フルート奏者・高木綾子の通算6枚目のソロアルバムは全曲LATIN AMERICAの作曲家作品で構成された意欲作。LATIN AMERICAのやや湿りけのある特徴的なショーロを中心とした選曲と彼女の見せる やや翳りがある直向きな表情とのオーバーラップが印象的でまた魅力的でもある。
単調に成りがちなフルートの旋律を柔らかく支えるフェビアン・レザ・パネの編曲もまたすばらしい。ピアノ伴奏にフェビアン・レザ・パネと西脇千花、チェロに古川展生を加えてのアンサンブル演奏も推薦に値する1枚。
★★★
収録曲:

  1. ワルツ風に VALSEANA from AQUARELLE(Sergio Assad)
  2. IMAGIANA(Antonio Carlos Jobin)
  3. 11月のある日に UN DIA DE NOVIEMBRE(Leo Brouwer)
  4. 想いのとどく日 EL DIA QUE ME QUIERAS(Calos Gardel)
  5. わが愛のミロンガ MILONGA DE MIS AMORES(Pedro Laurenz)
  6. 小麦のダンス DANZA DEL TRIGO(Alberto Ginastera)
  7. WAVE(Antonio Carlos Jobin)
  8. MAZURKA No.2(Manuel Ponce)
  9. はちすずめ BEIJA FLOR(Ernesto Nazareth)
  10. 黒いオルフェ MANHA DE CARNAVAL < ORPHEU NEGRO > (Luiz Bonfa)
  11. 道化師 PALHACO(Egberto Gismonti)
  12. モコヴィの地で EL LA TIERRA MOCOVI(Ariel Razmirez)
  13. CHIQUILIN DE BACHIN(Astor Piazzolla)
  14. ARIA from BACHIANAS BRASILEIRAS No.5(Heitor Villa-lobos)
  15. 歌と瞬間 CANCOES E MOMENTAS(Milton Nascimenento)
  16. 白い道 ESTRADA BREANCA(Antonio Carlos Jobin)

by Zorki-4u | 2003-05-08 22:05 | Musiclover | Comments(0)