b0171150_19391385.jpg [Gramphon AB BIS CD-915]
 1997 Release

TITLE: Siberius:Karelia;Kuolema(Complite Versions)/Lahti Symhony Orchestra
Conducted by Osmo Vanska

シベリウスが書き残した小作品の中でも名高い交響詩「Karelia」と「Kuolma」の完全版スコアによる世界初レコーディング。演奏はヘルシンキで活躍するSifonia Lahti(Lahti交響楽団)。交響詩「Karelia」は元々、フィンランドはViipuri地方の歴史を伝えるために行われる音楽祭で模様される演目であり、ソビエトの圧政下では演奏することが許されなかった曲の一つでもある。
終曲のモチーフと間奏曲のマーチだけが、フィンランド開放で漸く耳にすることが可能になった交響詩「Karelia」だったのだ。50分にも及ぶ大交響詩への復元はBISレーベルの「SIBELIUS全曲集」録音によって実現されたもの。
★★★
収録曲:

    Karelia (1893)
    Scenic Music for a Festival and Lottery in Aid of Education in the Province Viipuri

  1. Overture
  2. Tableau 1 A Karelian home-News of War(1293)
  3. Tableau 2 -The founding of Viipuri Castle(1293)*

    Tableau 3 -Narimont, the Duke of Lithuannia,levying taxes in province of Kakisalmi(1333)

  4. Allegro -attacca-*
  5. Intermezzo I. Moderato
  6. Tableau 4 -Karl Knutsson in Viipuri Castle.Ballade(1446)

    Tableau 5 -Pontus de la Gardie at the gates of Kakisalmi in 1580

  7. Moderato,ma non lento*
  8. Intermezzo II. Marsch nach einem alten Motiv
  9. Tableau 6 -The siego of Viipuri(1710)*

    Tabeaux 7/8

  10. The reunion of Old Finland[Karelia]
    with the rest of Finland(1811)-attacca-
  11. Vivace molto-Piu prest-Maestoso
    e largo[the Finnish national anthem]

    Kuolema,Op.44 (1903)
    Incidental music to the play by Arvid Jarnefelt:original theatre version

  12. Scene I Tempo di valse lente-Poco risoluto
  13. Scene II Moderato(Paavali's Song)
  14. Scene III Moderato assai-Moderato(Elsa's Song)-Poco adagio
  15. Scene IV Andante(The Cranes)
  16. Scene V Moderato
  17. Scene VI Andante ma non tranto


  18. Valse triste, Op.44 No.1

by Zorki-4u | 2003-08-31 21:36 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_17565090.jpg [Virgin Record CDV 2901]
 1999/11/1 Release

TITLE: A PLACE ON EARTH-THE GREATEST HITS/BELINDA CARLISLE

Go-Go's 解散後、ソロ活動を80年代後半から始めた彼女のベスト番。 最新ヒット(1999年当時)のA PLACE ON EARTHに至るまでの彼女のHit曲集はちょうど80年代から90年代に渡るポップス・チャートの変遷を読み取るのに良い資料と云えるのではないだろうか。
★★★
収録曲:
  1. Heaven Is A Place On Earth
  2. I Get Weak
  3. Circle In The Sand
  4. Leave A Light On
  5. La Luna
  6. (We Want) The Seam
  7. Summer Rain
  8. Live Your Life Be Free
  9. Do You Feel Like I Feel?
  10. Little Black Book
  11. Big Scary Animal
  12. In Too Deep
  13. California
  14. Always Breaking My Heart
  15. Love In The Key Of C
  16. Feels Like I've Known You Forever
  17. A Prayer For Everyone
  18. All God's Children

by Zorki-4u | 2003-08-30 20:50 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_16494977.jpg [UNIVERSAL/island IMCD 286]
 (p)1971, 2002/2/20 Release

TITLE: FREE Live/FREE

FREE解散直前に発売された唯一のLive盤(1971年リリース)をリマスター、CD化したアルバム。 island Recordsに残された未発表テイクを加えての完全なFREEの姿を伝えるまさに待ち望んでいたCD化である。
当時のポール・ロジャースの声とコルサホフのギターの音は絶頂期そのもので今もなお新鮮さを保っている。 ボーナストラックのラストの1曲のみスタジオ録音となっている。
★★★☆
収録曲:
  1. All Right Now
  2. I'm A Mover
  3. Be My Friend
  4. Fire And Water
  5. River On A Pony
  6. My Big
  7. The Hunter
  8. Get Where I Belong

    Additional Recordings:

  9. Woman
  10. Walk In My Shadow
  11. Moonshine
  12. Troble On Double
  13. My Big
  14. All Right Now
  15. Get Where I Belong(alternative take)

by Zorki-4u | 2003-08-29 20:43 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_1705434.jpg [Warner/Reprise 9362.47302]
 1999/3/23 Release

TITLE: Beth Nielsen Chapman -Greatest Hits-

Country Music系アーチストに楽曲提供し続け、ニック・デカロのプロデュースで1990年にアルバム「Beth Nielsen Chapman」でデビューした彼女の10年間の作品から選りすぐりの12曲を集めたベスト・アルバム。
どの曲も無垢で静かで直向きな彼女の姿勢を伝える。 一度耳にして頂ければ必ず貴方の心に残るはず。
★★★☆
収録曲:
  1. Beyond The Blue
  2. Happy Girl
  3. Walk My Way
  4. All I Have
  5. Life Holds On
  6. The Color Of Roses
  7. Emily
  8. When I Feel This Way
  9. I Keep Coming Back To You
  10. Sand And Water
  11. Years
  12. Say Goodnight

by Zorki-4u | 2003-08-27 20:58 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_1665367.jpg [YWA Music/LUMIAR CRCL-8841]
 2000/8/23 Release

TITLE: interpretam cacoes de Antonio Carlos Jobim/CAROL SABOYA & NELSON FARIA

アントニオ・カルロス・ジョピンの書いたショーロを中心とした14曲の歌曲集。 独特のやや湿り気あるこれらの歌は何故かクサクサした気分の時に聴きたくなる。
14曲はどの曲も緩やかで気分がちょっと晴れたように感じられることに最近気づいた。 天気が悪くて外に出かけられないような時なんかにお試しあれ。
★★★
収録曲:
  1. meninos, eu vi(少年よ、私は見たのだ)
  2. ana luiza
  3. estrada do sol(太陽の道)
  4. chansong
  5. cancao em mode menor
  6. caminhos cruzados(十字路)
  7. fotografia(写真)
  8. estrada branca(白い道)
  9. foi a noite(ある夜)
  10. bonita(美しい人)
  11. sem voce(あなたなしで)
  12. janelas abertas
  13. espelho das aguas
  14. chora coracao

by Zorki-4u | 2003-08-26 20:30 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_210862.jpg [something else/EMI TOCJ-68058]
 2003/5/28 Release

TITLE: TAKASHI-intoroducing Takashi Matsunaga/松永貴志

幼少の頃からピアノに夢中で、15才にしてプロデビューを果たした松永貴志(17才)のファースト・アルバム。驚くべきリズム感の良さはミッシェル・カミーロのライブ演奏を彷彿させるほどであり、あらゆるフレージング軽々とこなす天才と云っても過言ではない。
このアルバムには5曲の自作曲が収められているが、切れの良いリズム感を存分に生かしたM-1,M-4が特に秀作である。 ホントに期待できる新人の登場にエールを送りたい。
★★★☆
収録曲:
  1. HOMEWORK(宿題)*
  2. HIGH IN THE SKY(空高く)*
  3. BEAUTIFUL LOVE(H.Gillespie/V.Young/W.King/V.Alstyne)
  4. MELON *
  5. CARAVAN(I.Mills/D.Ellington/J.Tizol)
  6. NIGHT LIVER *
  7. YESTERDAYS(O.Harbach/J.Kern)
  8. HIGHWAy BLUES *
  9. A CHILD IS BORN(Thad Jones)

* Composed by Takashi Matsunaga
by Zorki-4u | 2003-08-25 21:57 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_20511670.jpg [EMI 591710-2]
 2003/8/4 Release

TITLE: TOUR DE FRANCE Sound Tracks/KRAFTWERK

100周年を迎えたTOUR DE FRANCE 2003を記念するべく製作されたKRAFTWERKの久々の新作。 (前作から17年ぶり)全くスタイルを変えないところが彼らしい。 流石にテクノシンセの老舗だけあって新しい音源で、ちょっとだけ新しい要素を加え新鮮さを控えめにアピールする辺りが心憎い。もちろん、昔から彼らを知っている人には一聴でKRAFTWERKであることが分るようにだ。
★★★
収録曲:
  1. PROLOGUE
  2. TOUR DE FRANCE ETAPE 1
  3. TOUR DE FRANCE ETAPE 2
  4. TOUR DE FRANCE ETAPE 3
  5. CHRONO
  6. VITAMIN
  7. AERO DYNAMIK
  8. TITANIUM
  9. ELEKTRO KARDIOGRAMM
  10. LA FORME
  11. REGENERATION
  12. TOUR DE FRANCE

by Zorki-4u | 2003-08-24 21:45 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_23202218.jpg [UNIVERSAL POCP-9199]
 (p)1971 & 1995, 1999/9/29 Release

TITLE: WHO's NEXT +7/THE WHO

THE WHOの長い活動暦の中でも最も優れた曲だけがずらりと並ぶ傑作アルバム。超大作「四重人格」と並ぶ作品と賞賛されているが、発売当時、ピート・タウンゼントは「あまり好きにはなれない」と溢していたというのだから、皮肉なものである。おそらく、彼は大きなシナリオの映画音楽を描こうとしていたが、それが一向に進まず、きっと不完全燃焼だったのだろう。
このCD化再発売となった1995年には、ピート自身もこの作品が一番良い出来であることを認めている。 1971年当時聴いた世代であろうと無かろうとこのアルバムの緊迫感は凄いと今でも思えるのだから不朽の名作と呼んでもいいのではないか。
★★★
収録曲:
  1. BABA O'RILEY
  2. LOVE AIN'T FOR KEEPING
  3. MY WIFE
  4. THE SONG IS OVER
  5. GETTING IN TUNE
  6. GOING MOBILE
  7. BEHIND BLUE EYES
  8. WON'T GET FOOLED AGAIN(無法の世界)

    Bonus Tracks:

  9. PURE AND EASY [(p)1995]
  10. BABY DON'T YOU DO IT [(p)1995]
  11. NAKED EYES [(p)1974]
  12. WATER [(p)1995]
  13. TOO MUCH OF ANYTHING [(p)1974]
  14. I DON'T EVEN KNOW MYSELF [(p)1971]
  15. BEHIND BLUE EYES (未発表バージョン)[(p)1971]

by Zorki-4u | 2003-08-21 23:16 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_18521344.jpg [ONDINE ODE 950-2]
 2000/3/23 Release

TITLE: RAUTAVAARA:Piano Concerto No.3 "Gift of Dreams"; Autumn Gardens/
VLADIMIR ASHKENAGY(p,cond.)
HERSHINKI Philharmonic Orchestra

Einojuhani Rautavaara(1928年生まれ)はJean Siberiusの書き残した美しいメロディを受け継ぐ作曲家の一人で私個人的に最も敬愛する現代音楽の作曲家の1人である。
"gift of dreams"と題したピアノコンチェルトは、Vladimir Ashkeazyとの出会いがこの曲を書くきっかけになったものだという。 モチーフのメロディはBoudelireが1978年に書いた詩"Le mort des pauves"のために書き下ろされたもので、Piano solo演奏の各所に現れる象徴的で強く印象に残るもの。Rautavaara自身、このモチーフを「決して忘れることが出来ない」と語る。 Classicalなピアノコンチェルトというスタイルでありながらminimal rythm構成を採るこの1曲は、常に前進を続けるRautavaaraの作品の中でも新しい手法を提示する代表曲といえるだろう。
★★★
収録曲:

  • Piano Concerto No.3 "gift of dreams"(1998)

  • Autumn gardens(1999)

  • Einojuhani Rautavaara in conversation with Vladimir Ashkenazy


by Zorki-4u | 2003-08-18 20:49 | Musiclover | Comments(0)

b0171150_19105998.jpg[SME(France)/S.M.A.L.L.musique SMA5015032]
2001/2/19 Release

TITLE: TRIP DO BRASIL 2

エレクトリック(テクノ)とラテンアメリカのリズムの融合を探求した前作(1998年作)でハウスミュージックの話題をサラッたTRIP DO BRASILシリーズ第2弾。このアルバムはその高度な融合を成し遂げ、その後のハウス系クラブミュージックシーンの行方を決定付けた名盤。
ここからラテン、カリビアン、アフロビートへの旅が始まったのだ。
★★★★
収録曲:
  1. Jelba/RUSS GABRIELL
  2. Whassssup this morning/BEN MAYS
  3. Non fatiguing natural silk/WR
  4. Obrigado/THE DEAL
  5. Kotu rate/MENTAL REMADY
  6. Praia sol saudade/DJ ARMMAND'S RHYTHM SECTION
  7. Brazil.com/ISOLEE
  8. My little Brazilian pory/DOCTOR ROCKIT
  9. Ibis vermelho/ROM
  10. Bahia blues/DJ SPINNA
  11. Tiu-ba-la-quieba/THE BOYZ FROM BRASIL
  12. Trindade/ALEX KID feat.JEROME BADINI

by Zorki-4u | 2003-08-16 21:00 | Musiclover | Comments(0)