b0171150_21113036.jpg [ hyperion CDA67076 ]
 1999 Release

TITLE: All in the April evening/LAUDIBUS
Michael Brewer (cond.)

ここに紹介されている歌は1901年にGlasgowで発祥し、後に労働者階級のクラブで歌うようになる青少年混声コーラスグループのために書かれた曲である。 1906年にそのコーラスグループはGlasgow Opheus Choirとして独立し、約45年間、その活動を続けた。
その最後のコンサートからこのアルバムが録音された時点で約48年の月日を隔てているが、その唱法は、その後のコーラスの標準として現在多大な影響力を持っていると考える。
この録音は、そんなOpheusの思い出の曲を完全に網羅し、それを紹介する(再現する)ために作られたアルバムなのだ。ローマン・カソリックやロシア正教会の伝統的コーラス曲のために書かれた詩曲と同時に当時のElgar/Brahms/Bruch/Bantock/Conelius/Parryといった作曲家の曲がここには収められえていて、なかなか感慨深い味わいに満ちた1枚だと思う。
★★★
収録曲:
  1. All in the April evening
  2. The Banks o'Doon
  3. An Eriskay Love Lilt
  4. Dream Angus
  5. The Wee Cooper o'File
  6. Ca' the yowes
  7. The Turtle Dove
  8. O can ye sew cushions?
  9. Wi'a hundred pipers
  10. Drink to me only with thine eyes
  11. All through the night
  12. Fyer! Fyer(Morly作曲)
  13. All creatures now are merry-minded(Bennet作曲)
  14. Ave verum corpus(Byrd作曲)
  15. My love dwelt in a northern land(Elger作曲)
  16. Never weather-beaten sail(Parry作曲)
  17. As torrents in summer(Elger作曲)
  18. Corpus Christi(Warlock作曲)
  19. The Blue Bird(Stanford作曲)
  20. Full fathom five(V.Williams作曲)
  21. The cloud-capp'd towers(V.Williams作曲)
  22. Over hill,over dale(V.Williams作曲)
  23. The Long Day Closes(Sullivan作曲)

# by Zorki-4u | 2003-04-06 22:10 | Musiclover | Comments(0)